アトピーに効果がある乳酸菌

乳酸菌がアトピーに効果があるというのはどういうことか

自分はアトピーなんです。
自分が乳酸菌に興味を持ったのはアトピーだったからです。

 

 

乳酸菌がアトピーに効果があると聞いて、乳酸菌を摂取するようになりました。

 

実際のところ乳酸菌を今現在も摂取しています。
それでもアトピーは完治していません。

 

 

しょうがないと思います。
確実にアトピーを治せる方法なんていうのはないと思います。

 

考え方としては
【乳酸菌はアトピーに良いものの1つ】
ぐらいに思っておくべきかと。

 

 

用は乳酸菌は
【良くなる可能性を高める】
って感じですね。

 

 

人生そんなものです。

 

いいところに就職するために、良い大学に行きますし。
良いところに就職するために、資格を取ったりします。

 

でも、良い大学に入っても、資格をいろいろ持っていても。
待遇のいいところに就職できないかもしれません。

 

 

でも可能性としては、少しでも可能性を高めたいってわけで。
そういうのが乳酸菌だと自分は考えています。

 

 

 

 

 

乳酸菌摂取より先にやることがある

今現在アトピーが最悪な状態でつらいという人は

 

乳酸菌の摂取でアトピーをよくするというのは、時間がかかる対策なので向いていない

 

かもしれません。

 

 

当然のことなんですけど、アトピー箇所をかきむしっていれば、どんなことをしてもアトピーはよくならないです。
たまに
「乳酸菌を摂取したがアトピーがよくならなかった!乳酸菌より私生活を改善することが大事」
そんなことを言っている人がいますけど、これは当然のことなんです。

 

私生活が普通になって、そこから乳酸菌を摂取するものなんです。
私生活がぼろぼろな人が、乳酸菌を摂取しても、アトピーをよくするのは厳しいと思います。

 

 

毎日のようにアトピーをかきむしってしまっている人は、まずはどうにかして1日アトピーをかきむしらないようにがんばってください。
アトピー箇所がボロボロな人ほど、治り方もある程度までは早いです。

 

1日我慢できたら次は3日ほどアトピーをかきむしらないようにがんばって!
アトピーをかきむしっていたら、乳酸菌でのアトピー対策以前の話になので…。

 

 

乳酸菌でアトピーをよくするというのは、時間がかかるものです。
「アトピーなんだけど今はそれほどかゆみに困っていないよ」
そんな人におすすめできるのが、乳酸菌でのアトピー対策です。

 

 

乳酸菌を摂取してのアトピー効果に即効性を期待したらいけません。

 

 

乳酸菌を摂取して腸内環境を整えてのアトピーを改善するって対策ですから。
イメージはおなかに優しいアトピー対策です。

 

まぁ乳酸菌は摂取して健康の点ではなにも損がありません。
毎日アトピー箇所をかきむしっている人も乳酸菌を摂取する価値はあるんです。

 

でも毎日アトピー箇所をかきむしっている人が
「乳酸菌を摂取したがアトピーがよくならなかった」
と言っても、それは当然のことだと思います。

 

アトピーへの影響だけの話をするのなら。
乳酸菌摂取よりも、かきむしるのをやめることのほうが先です。

 

 

 

アトピー箇所にガーゼ

おすすめは、アトピー箇所にガーゼでも貼っておけば、かなり刺激をガードできますし。
手が伸びづらいと思いますね。

 

 

自分はアトピーというのは、かゆみが特徴ですが。
かゆいからかきむしってしまうのではなく
【掻き癖がついてしまってかきむしってしまう】
ことが多いと思っています。

 

 

自分はおしりがアトピーでしたけど。
そもそも一般人は自分のおしりを触ったりしないでしょ。

 

でもおしりにアトピーがあった自分は、ついついおしりに手が伸びていましたからね。
それ自体がおかしいことなんだわ!!

 

アトピーの人は、そういうアトピー箇所に手を伸びるのをどうにかするのが必要で。
なんとなく手のほうをどうにかしようとする人が多いんですが。

 

アトピー箇所のほうのガードを強めてやれば、まさか本人も
「このガーゼ邪魔くさい!」
な感じで、ガーゼをとってまで触ったりかきむしろうとはしないと思います。

 

 

後は、手でかきむしらなくても。
体をこすりつけたりして、アトピー箇所に刺激を与えることができるので。
そういうのを防ぐためにも、アトピー箇所にガーゼっていい感じですよ。

 

アトピー液もガードできますし。

 

 

 

 

 

アトピー箇所を傷つけていてはアトピーはよくならない

アトピーはかきむしっていたら、絶対に治らないです。
少なくとも自分はそう思っています。

 

かきむしっていなくても、アトピー箇所に負担がかかっていたらアトピーはよくならないです。
たとえば

  • アトピー箇所を触っている
  • アトピー箇所と衣服がすれている
  • アトピー箇所をなんども伸び縮みさせている

こういうことをしている人は、アトピーがよくならないのもしょうがないと思います。

 

かきむしるだけがアトピー悪化につながるわけではないです。
アトピー箇所に刺激を与えるのはアトピーがよくならないので注意です。

 

 

ちょっと驚くのはネットでいろいろアトピー対策を調べていると
「アトピーはかきむしったほうが治る!」
みたいなことを言っている人がいることです。

 

これはさぁ…。
たしかにアトピー状態ってボロボロのほうがある程度までは治りやすいです。
でも完治のことを考えれば、遠回りだと思いますよ。

 

 

例をだすとダイエットって太っている人ほど、序盤どんどん体重が落ちますよね。
ある程度体重が落ちてくると、停滞期に入ります。

 

だから
「痩せたいのなら、たくさん食べて太れ!」
というのはちょっとおかしいでしょ。

 

 

たしかに治るスピードというかな、そういうものは悪い状態ほどある程度まではスピーディーによくなります。
でも結局完治まで行くためには、アトピー箇所ってかきむしったらダメだと思います。

 

いや、そんなの常識なんですけど。
ネットには
「かきむしったほうが早く治る」
説をいう人もいるので、まぁ絶対違うとはいえないと思いますけど。
注意したほうがいいアトピー対策もあると思いますね。

 

 

 

ヨーグルトを食べて乳酸菌を摂取しても、かきむしっていればアトピーは治らないんです。
ある程度アトピーのかゆみが楽になったのなら、乳酸菌でのアトピー対策にとりかかりましょう。

 

 

でも、アトピーがものすごく悪化しているときに乳酸菌を摂取しても、無駄とは言いませんが…。
ほとんど効果は実感できず、アトピーでつらい日々が続くかと。

 

かきむしらなくても、騙し騙しアトピー箇所にダメージを与えている人は、それをやめるべきです。
自分も足にアトピーがあったときは、寝て横になったときに、もう一方の足でアトピー箇所の足をこすっていたからなぁ。

 

 

 

 

 

乳酸菌でのアトピー対策は毎日食べるだけ

今現在それほどアトピーのかゆみに困っていないという人。
週に1回ぐらいのペースでアトピーをかきむしってしまっているという人は、乳酸菌でのアトピー対策をおすすめします。

 

その対策は簡単です。
単に毎日乳酸菌を摂取するだけです。

 

 

そうなんです!
そんなものなんです!

 

別にすごいアトピー対策でもなんでもないんです。
効果もちょっとしたものなんです。

 

 

これは腸が健康によくなっての

  • 免疫力向上(免疫バランスを整える)
  • 自然治癒力上昇

こういうところを狙っての効果だと思います。

 

 

アトピーって皮膚に症状がでますけど。
実際は体の中の異常…アレルギーなんですよ。

 

そういった乳酸菌でのアトピー対策に興味を持ったということは、どこかでそういう情報を得たのかと思います。
そういうところで、きっと大げさに乳酸菌の効果を紹介しているのをみて、興味を持ったのだと思います。

 

 

 

すごくない

人間言うだけならタダですから!
乳酸菌の効果を紹介している企業や個人サイトが、実際に乳酸菌の効果を実感しているとは限らないです。

 

簡単に言えば
「乳酸菌の効果を大げさに言っている人が多いが、その人が乳酸菌を摂取しているのかは不明」
ってことです。

 

 

実際にヨーグルトを食べて、乳酸菌摂取でアトピーを治した人もいるかもしれません。
でも
「ヨーグルトがアトピーに効果がある」
と言っている人が、アトピーを実際にヨーグルトをで治したわけでもないです。

 

別にアトピーではない人だって
「乳酸菌がアトピーに効果がある」
といえるわけです。

 

乳酸菌を摂取していない人ほど、乳酸菌の効果を大げさに吹聴できるものです。

 

 

こう聞くと
「なんて悪い奴だ!!」
と思うかもしれません。

 

でも考えてみてください。
ヤクルトの社員が全員ヤクルトを飲んでいるとは思えないです。
ヤクルトのプロ野球選手はもちろん全員ヤクルトを飲んでいるわけでもないと思います。

 

ヤクルトレディが
「ヤクルト400おすすめです!」
と言っていても、ヤクルトレディ自身はヤクルト400を飲んでいないかもしれません。

 

 

こういうことが悪いことかといえば、そうではないです。

 

 

自分が言いたかったのは
「乳酸菌がアトピーに良いという評判」の数。
「乳酸菌がアトピーに良かった人」の数。
これは別です。

 

「乳酸菌がアトピーに良い」
というのを沢山見かけて評判になっていても、それが実際に乳酸菌でアトピーがよくなった人の数につながるわけではないってことです。

 

 

言うだけならタダ。
アトピーではない人が、そこらへんで仕入れた知識で偉そうに
「アトピーには乳酸菌がいいんだよ」
というのも、自由なわけですね。

 

まぁアトピーってなんか軽視されているというか
「簡単に治るでしょ」
なイメージを持たれていますよねぇ。

 

実際アトピーな自分も、その通りに感じるから困るんですけど。
アトピーに限らず、多くの症状って治るわけですが。
アトピーってなんか、軽いというか、軽視される症状な気がします。

 

「アトピーがひどいんで休みます」
なんて言ったら、ずる休み同然な感じに思われますし、自分もそんなところがあるからなぁ。

 

 

 

 

 

乳酸菌のアトピー対策は健康に良いことの1つ

乳酸菌でのアトピー対策…。
それは別にすごいものでもないです。

 

効果としては腸内環境を整えて、体のバランスを整える。
腸内環境を整えて、自然治癒力を向上させる対策になると思います。

 

よくヨーグルトを食べている人は、肌が綺麗だとか。
若く見られるとかありますよね。

 

腸が健康だと、いろいろいいんですよ。
そのために乳酸菌を摂取するわけです。

 

 

人間ちょっとしたことでも、実際にやってみると意外によかったりすることってあります。

 

夜ちょっと家の外にでてみてください
「夜風が涼しくて気持ちいい!」
となって、いい気分になれます。

 

それだけで人間幸せな気持ちに慣れるんです。

 

 

人と会ったら挨拶をする。
それだけで人間幸せな気持ちになれるんです。

 

ちょっとしたことで、人間視界が開けたりします。

 

大金をかけて旅行をしなくても、自分の住んでいる町に、ものすごい景色のいいところがあるかもしれません。
高級料理を食べなくても、自分のおいしいと思う味は母の味だった・・・。

 

 

乳酸菌摂取のアトピー対策は、まさにそういう感じのものです。
むしろわかりにくくなった!?

 

ど派手なアトピー対策ではなく、地味なアトピー対策ですが、一見なんの効果もなさそうですが、やっているとのちのち変わってくるようなことです。
それが乳酸菌でのアトピー対策なんです。

 

まぁだから乳酸菌のアトピーへの効果というのは、実感しづらいものだと思います。
そもそも人間乳酸菌だけで生きているわけではなく、他にもいろいろ食べています。

 

だから乳酸菌でアトピーがよくなったのかどうかも、確かなことはいえないはずです。

 

 

人間大事なことは、子供の頃に習います。

  • 手洗いうがい
  • 早寝早起き
  • バランスの良い食事

これらは、簡単なことだから子供の頃に教わるわけではなく。
大事なことだから子供の頃に教わるわけです。

 

簡単なことだけど、やるとやらないでは大違いのことって多いです。
乳酸菌もそういうものの1つだと考えていいと思います。

 

 

ちなみに自分は現在毎日ヨーグルト(乳酸菌)を食べています。
もう6年ぐらい、毎日ヨーグルトを食べているんじゃなかろうか。

 

ただ、最近いろいろなものが値上がりして、ヨーグルトも値上がりしていて結構きついです。

 

 

 

 

 

乳酸菌で腸内環境を整えよう!腸が弱っているのがアトピーの原因かも

乳酸菌摂取のアトピー対策というのは

 

腸内環境を整える

 

というものです。

 

乳酸菌が腸内で善玉菌を増やす手助けをしてくれるわけですね。
そして腸内環境が整うわけです。

 

 

だから乳酸菌なんて、実際どーでもいいんですよ。
乳酸菌がアトピーをせっせと治すわけではないんです。

 

アトピーを治すのはあくまでも自分の体…特に腸の状態をよくすることでアトピーが治るとされています。

 

実はこれ逆なんですよね。
腸をよくすればアトピーが治るのではなく

 

腸が弱っているからアトピー

 

なんですよ。

 

 

腸とおなかは違いますよ!
「よし、腸を鍛えよう!」
と考えて、腹筋したりするのは違います。
いや、少しは効果があるかもしれませんけど。

 

たしかに箇所的には似ているのですが、腸を鍛えるというのは、体の中から鍛える必要があります。
そのための乳酸菌なわけですね。

 

人間どうやっても鍛えられない箇所ってありますよね。
別に男の急所のことを指しているわけではないですよ!

 

 

たとえば胃。
胃は普段から沢山食べていると胃が大きくなって、大食いになりますよね。
あまり食べなくなると、胃が小さくなって、少し食べただけで満腹になる。
このぐらいは知っているでしょ?

 

胃を鍛えるというのも、結局は体の中からいろいろしないと無理なんです。
胃を鍛えようと、胃のあたりをパンチしてもどうにもなりませんよね。

 

体の中の器官は体の中からの影響で変化するわけです。

 

腸を健康にするためには、腸にいる腸内細菌をどうにかする必要があります。
そこで乳酸菌の出番ということです。

 

 

 

アトピーに良い効果があるとされている乳酸菌を紹介します!

アトピー対策として、よく乳酸菌があげられますが

 

乳酸菌にもいろいろな種類がある

 

ので、どの乳酸菌がアトピーに効果が高いのか気になっている人も多いと思います。

 

 

 

アトピーの原因の1つとして腸が弱っているというものがあって、腸を健康にするのが乳酸菌なんだよね。

 

腸内環境を整えてくれる乳酸菌を摂取することは、アトピーに効果が期待できるものなんだ。


 

自分が乳酸菌に興味を持ったのは、自分がアトピーだったからです。
そんなとき、「とある乳酸菌がアトピーにいい」という広告を見たんです。

 

いまでもアトピーは完治していないのですが、普通に生活できる状態にはなっています。

 

温泉に行って、肌を露出するのは躊躇するぐらいのアトピー状態です。
「だれもおまえのことなんてみていない」
っていうのはわかりますけど、そういうところはアトピーの人のこだわりというか、やっぱり嫌なんですよね。

 

人前でアトピー肌を露出するっていうのは、アトピーの人には勇気がいることです。

 

 

アトピーだった自分はアトピーに効果が高い乳酸菌があると聞いて、乳酸菌に興味を持ちました。
自分がアトピーになった原因は、食生活にあるとも思っていたのでなおさらでしたね。

 

 

自分のアトピーの原因が食生活にあると思っているのなら、乳酸菌によるアトピー対策は効果が高いかもね。

 

でもそういう人は乳酸菌摂取の前に、食事内容の見直しをすべきだよ。
油っぽいもの、甘いものは極力控えよう。


 

最近ではいろいろなメーカーが乳酸菌を研究しており
メーカーが選び抜いた乳酸菌がいろいろ普及しています。

 

乳酸菌も種類によって、優れている効果が違うとされていて

  • 便秘対策
  • 花粉症対策
  • 美肌対策

こういったものにも、乳酸菌は効果があるとされています。

 

もちろん、これらのほかにも乳酸菌はいろいろな効果があり
最近は乳酸菌ブームといえるかもしれません。

 

 

このサイトでは

アトピーに効果があるとされている乳酸菌

を紹介していきます。

 

ただ勘違いしてほしくないのは、このサイトで紹介している乳酸菌だけがアトピーに有効だというわけではありません。
ここまでの記事を読んでくれた人ならわかると思いますが、大事なのは
「腸内環境を整えること」
です。

 

このサイトで紹介していない乳酸菌でも、腸内環境が整えばアトピーがよくなる可能性は期待できます。
自分の腸内環境をチェックするために、便の状態はチェックしたいところですね。

 

あと、アトピーの原因が「腸内環境の悪化」とは限らないので…。
いくら腸内環境を整えても別にアトピーの原因がある人にとっては、やや効果は薄いかと思います。

 

 

 

 

 

アトピーに効果がある有名な乳酸菌

 

ある程度調べた人ならわかると思います。
いまアトピー対策で注目を集めている乳酸菌は

  • L-92乳酸菌(アレルケア)
  • KW乳酸菌(ノアレ)

この2つといっても過言ではないかもしれません。

 

 

もちろん、他にもアトピーに有効だとされている乳酸菌はあるんですけどね。
注目度が低い乳酸菌だと、あまり摂取しようとも思わないでしょ?

 

アトピーに良いとされる乳酸菌をいろいろチェックするのがめんどくさく感じる人は
L-92乳酸菌とKW乳酸菌の2つを抑えておくといい
かもしれません。

 

 

【L92乳酸菌配合のアレルケア口コミはこちら】
アレルケア口コミ

 

【KW乳酸菌配合のノアレ口コミはこちら】
ノアレ・口コミ

 

「L-92乳酸菌とKW乳酸菌、どちらがアトピーにいいの?」
と疑問に思う人もいるかもしれません。

 

どちらか片方を選ぶというより
「L92乳酸菌がダメだったのならKW乳酸菌を摂取しよう!」
「KW乳酸菌がダメだったのならL92乳酸菌を摂取しよう!」
そんな考えでいるといいと思います。

 

 

乳酸菌というのは、乳酸菌の種類と人の相性で決まるとされています。
つまり、どちらがアトピーに効果が上なのかというのは

 

「きのこの山とたけのこの里、どっちがおいしいのか?」

 

と聞いているようなものです。
たけのこの里に決まっているでしょ!

 

だってきのこの山は、どっかで似たようなお菓子がありそうじゃん。
でも、たけのこの里はあまり見かけなさそう。

 

 

冗談はこのぐらいにして、乳酸菌の効果というのは、人との相性で決まります。
なので絶対的に
「こちらのほうが効果が高い」
なんていうことはいえません。

 

でも人によっては
「私はアレルケアのほうが効いた」
「私はノアレのほうが効いた」
といえますね。

 

自分は別にどっちもそんなに効いた感はなかったです。
というか、今思ってみると自分がより良く効いた乳酸菌ってこれといってない気がします。

 

なんとなくいろいろな乳酸菌をずっと摂取していますね。

 

 

 

 

 

ヨーグルトで有名どころはLGG乳酸菌

「ヨーグルトでアトピー対策をしたい」
という人もいるかもしれません。

 

ヨーグルトでアトピーにいい乳酸菌を配合しているものはそれほど多くないです。

 

 

ヨーグルトでアトピーにいいとされている乳酸菌で特に有名なものはLGG乳酸菌があります。

 

 

おそらくアトピーにいいヨーグルト(乳酸菌)で、まっさきに名前があがるのがLGG乳酸菌を配合したヨーグルトです。

 

 

自分もLGG乳酸菌がアトピーにいいと知って、わざわざ通販を利用してまでおなかへGG!ヨーグルトを買いましたからね。
いや、通販を利用しないと買えなかったところがあったんです!

 

【関連記事はこちら】
LGG乳酸菌紹介
おなかへGG!ヨーグルト

 

LGG乳酸菌がアトピーにいいというのは有名です。
でもLGG乳酸菌を配合したヨーグルトを買いにくい(置いているショップが少ない)のが欠点かと。

 

 

LGG乳酸菌は、アトピー向けの乳酸菌な感じで特別視されているので。
アトピーでLGG乳酸菌を購入している人は結構います。

 

 

口コミ評判を見ても、結果も結構でているようですし。

 

やっぱりアトピーに良いっていうことで。
精神的にもよい影響があるのだと思いますね。

 

 

アトピーってストレスでかゆみがでたりしますから。
自分も一時期すごいストレスを感じて、思いっきりアトピーをかきむしってしまったことがあったなぁ。

 

でもそういう
「ストレスのせいだからしょうがない」
と思っても、かきむしってしまったら自分のアトピーが悪化するだけで。

 

そういう言い訳は意味がないんですよね。
なんかアトピーって、かきむしってしまうときって、自分自身に言い訳をしている気がします。

 

 

 

L-55乳酸菌もいいらしい

LGG乳酸菌のほかにアトピーにいい乳酸菌としてはL-55乳酸菌があります。

 

 

LGG乳酸菌と比べると、L-55乳酸菌はアトピーへの効果の注目度は低いです。
実際、L-55乳酸菌をアトピーのために摂取とか、ほとんど聞いたことがないですね。

 

 

でもL-55乳酸菌を配合したオハヨーのヨーグルトは、最近スーパーでちょくちょく見かけます。
L-55乳酸菌なら、摂取しやすいので断続しやすいと思いますね。

 

 

 

 

最近パッケージがリニューアルされていましけど。

 

もうこんなの、健康に良いとかではなく。
【おいしいから飲む】
って感じでしかないでしょ…。

 

 

むしろこのパッケージを見て
「これでアトピーがよくなる!」
と思える人のほうが特殊な気が…。

 

まぁオハヨーからしたら
「L-55乳酸菌をアピールするより、うまそうに見せたほうが売れる!」
って判断したのだと思いますけどねぇ。

 

実際うちの母はヨーグルトとか全く買いませんけど。
このオハヨーの飲むヨーグルトはちょくちょく買いますからね。
うまいから。

 

 

 

 

 

乳酸菌の種類にこだわらず腸内環境を整えることも大事

実際のところはそこまで乳酸菌にこだわる必要もなく

 

食事を見直して、乳酸菌の摂取を続ける

 

これを実践すれば腸内環境はよくなって、アトピーによい影響がでると思います。

 

 

アトピーを治す基本は、健康にいいことをすることですよ。

 

 

アトピーにいい乳酸菌にこだわるのもいいです。
でも種類にこだわらず乳酸菌を摂取して腸内環境を整えましょう!!

 

 

たまにいるんですよ。
乳酸菌の種類にこだわりすぎて、うるさいやつが。

 

実際は乳酸菌なんて1つも摂取していないくせに
「乳酸菌は生きて腸まで届かないと意味がない!」
とドヤ顔で言ってくる人がいます。

 

そういう人と話していると、ストレスがたまってアトピーが悪化するので気をつけましょう。

 

 

なぜか小学校とかクラスに1人は、そういういやーなことばかりいう奴がいましたよね。
ちびまる子の長澤くんみたいなやつ。
たまねぎみたいなやつね。
なんなんでしょうね。

 

いや、顔が長澤くんみたいなたまねぎみたいなやつがいたってことじゃないですよ。
性格が長澤くんみたいな感じの子がいたってことです。

 

 

ちびまる子ちゃんも昔はおもしろかったのに、今のアニメはさっぱりつまらないですよね。
なんどもグッピーがザリガニに食べられる話とかやればいいのに。

 

話がそれました。
アトピーに効く乳酸菌を続けるのが難しいのなら、手ごろなヨーグルトを食べて乳酸菌の摂取を続けましょう!
それでも十分アトピーに良いことをしています!!

 

 

注意としておなかを冷やすことは腸の働きが悪くなります。
冷たい食べ物の食べすぎ、飲みすぎには注意です。

 

 

これ、自分も「おなかが冷えたらあーだこーだ」いう人のことを
「そんな冷たいものを食べたぐらいで、アトピーが悪くなってたまるかよ。へへん。」
みたいな感じで、飲み物に氷とかいつもぶちこんでいたのですが

 

冷たい食べ物を食べると、冗談抜きにおなかの調子が悪くなるから!
冷たいものをとっていたらうんちが軟便になります!

 

体が冷えると自然とおなかも冷えて腸の働きも悪くなります。

 

アトピーの人は適度に運動をして、代謝を上げて体を温かい状態に保てるようにしましょう!
お風呂上がりなんかも、涼しい格好でいると体が冷えるので注意です。

 

ヨーグルトも早食いは注意です。
自分はヨーグルトは噛みながらゆっくり食べています。

 

ドライフルーツなんかを入れてゆっくり噛んで食べて欲しいです。

 

 

自分みたいに
「んなの、たいしたことないだろ」
みたいな感じで思っている人ほど、体を冷やさないようにすることで、アトピーもよくなりやすいかと思います。

 

 

人間眠ったら大きく回復するのは、あたたかい布団の中で寝ているからなのかもしれませんね。

 

ドラマとかで寒い雪山で眠ったら
「おきろ!目を覚ませ!」
みたいにビンタされますけど、やっぱりそうなんですよ。

 

人間って眠ったら体力が回復するはずなんです。
でも、寒いところで眠ると体の機能が低下するんです。

 

あたたかいところで眠ることで人間大きく回復するんです。
寝具って大事ですね。

 

 

自分も実体験でやっぱり体を温かくしたほうが調子がいいです。
スポーツ選手も、試合前には入念にアップをして体を温めますよね。

 

体を温かく保つのって大事!

 

 

よくアトピーって良くなった人は、体験談して
「食べ物を気をつければよくなります」
みたいなことを言っていますけど。

 

実際アトピーって体の中の異常…。
いわゆるアレルギー症状なので。

 

気を付けるべきことは、体の外の対策ではなく。
体の中の対策だと、自分も思っています。
いや、かきむしっていたら治りませんけど。

 

 

 

 

 

アトピーに注目を集めるL92乳酸菌

アトピーに有効な乳酸菌の中でも

 

L92乳酸菌は特に注目度が高い乳酸菌

 

ですね。
広告が沢山出ていますから…。

 

 

L92乳酸菌を保有しているカルピス社も、L92乳酸菌のアトピーへの有効性を証明する実験をいくつかおこなっています。

 

大抵の乳酸菌なら、1回の実験で終わるものですが、L92乳酸菌のアトピーへの効果は

 

まずは子供のアトピーに有効

 

という実験結果を発表して、その後に

  • 成人(大人の)アトピーに有効
  • 乳幼児(10ヶ月から3歳未満)のアトピーに有効

大人の人、赤ちゃんへのアトピーの有効性の実験もおこなっています。

 

つまり、これだけをみても

 

L92乳酸菌のアトピーに有効な実験は3回おこなっている

 

ことがわかります。

 

 

L92乳酸菌がアトピーに有効なのかは別として、カルピス社がL92乳酸菌とアトピーの関連性に対する実験を数多くおこなっているのは評価してもいいのではないでしょうか。
それだけカルピス社もL92乳酸菌はアトピーに有効な乳酸菌だと、アピールしたいのだと思います。

 

 

実際のところ、どんな乳酸菌もアトピーとの関係を実験&研究すれば、アトピーに有効な効果は判明すると思います。
でも、実験&研究にはお金がかかります。

 

そういう点で、乳酸菌とアトピーの関係が判明している乳酸菌も数多くあります。

 

 

勘違いしている人もいると思いますけど。
L-92乳酸菌というアトピーに有効な乳酸菌をカルピス社は見つけだそうとしたわけではないんです。

 

L-92乳酸菌という乳酸菌があって、それをカルピス社は実験&研究することで、アトピーに有効だという証明(発表)をしたわけですね。

 

 

可能性としては、実験&研究されていないだけで、L-92乳酸菌よりアトピーに有効な乳酸菌がどこかで眠っているかもしれません。
でもそんなことを言ったらなんでもありになってしまいます。

 

なのでアトピーへの実験&研究しているL-92乳酸菌はアトピーへの有効性が発表されている分、信頼できるわけですね。

 

 

言いたかったことはL-92乳酸菌はアトピーにいい乳酸菌というわけではなく。
【L-92乳酸菌はアトピーとの関係性が何度も調査されている乳酸菌】
ってわけですね。

 

実際こういう実験や研究をしたのなら、たいてい良い結果はでますよ。
そもそもアトピーなんてなにもしていなくても、実験対象の人たちに
「期間中は健康に良い生活を心掛けてください」
というだけでも、アトピーはよくなっていくと思います。

 

 

だから、何度も実験調査をして、良い結果が常にでるのは。
L-92乳酸菌が優れているというよりは、乳酸菌というかアトピーなんていうのはそういうものだからだと思いますね。

 

2か月ぐらいあれば、なにもしなくてもアトピーって良くなったりするというか。
2か月まったくアトピーに変化がないっていうほうが珍しい気がします。

 

 

L-92乳酸菌のメリットは、そういうアトピーへの発表をしているので。
試すほうとしても
「これがアトピーに良い乳酸菌なんだ!」
という期待や安心感っていうかな。
ポジティブ思考を得られる点だと思いますね。

 

プラセボ効果でもアトピーがよくなるのなら、それは理想なんですよ。
ストレスでアトピーが悪化したら、それって残念なことですよね。

 

L-92乳酸菌はアトピーへの期待を持てる点が良い点だと自分は思っています。
アレルケアとか飲んでいると、なんかアトピー対策をしている感がありますよね。

 

 

人間って
「健康にいいことをしているぞ」
みたいな行動からの思いが、自信につながって体調もよくなっていくものですから。

 

 

 

 

 

アトピーの結論

自分のアトピーの結論というか、アトピーの治し方としては

  • アトピー箇所に負担をかけない
  • 自然治癒力を高める生活
  • 無理はしない

こういう生活をしていれば、アトピーはよくなっていくと思っています。
乳酸菌摂取は自然治癒力を高める対策ですね。

 

 

 

乳酸菌は必須ではないですよ。
自分は毎日ヨーグルトを食べていますけど。

 

それは自分の中で、ヨーグルトを続ける価値がそれなりにあると判断しているからで。
別に
「アトピーがよくなった」
とか、そういうのはあまり実感しませんでしたね。

 

 

ぶっちゃけアトピーは、なにかをすることで治る症状ではなく。
なにもしないほうがアトピーはよくなりやすいものだと自分は思っています。

 

でも人間どうしても、いろいろとやってしまうんですよね。
アトピー箇所に負担をかけたり、体の調子を崩すようなものを食べてしまったり。
疲れてストレスを溜めたり。

 

人間なにもしないほうが難しいと思います。

 

 

アトピーってかゆいだけで、体の調子は悪くないと思います。
でもアトピーを治すためには、体を安静にすることが大事だと自分は思っています。

 

まぁ体を安静にしているつもりでも、布団の中に入って体を地面にこすりつけてかきむしっているようなら、アトピーはよくならないです。
足がアトピーなら、手でかきむしらなくても、横になればもう片方の足でかきむしることもできますよね。

 

 

アトピーの人は一度落ち着いてください。
アトピーを治すためにいろいろ行動するのではなく。
なにもしない体に負担をかけない生活をしてみてください。

 

案外病院に入院するとアトピーがよくなったりするかもしれません。
病院食は健康によさそうですし、病院内ならそんな無理もできず、早めに就寝することになると思いますから。

 

 

人間なにも食べないと生きていけないので、アトピーに悪くない食べ物を探すわけですけど。
これは、アトピーに良い食べ物を食べるというより、必要最低限のものを食べたほうがいいわけですね。

 

病院食で
「食べ過ぎた」
なんてことはならないと思います。

 

まぁ売店で沢山買って、たくさん食べることは可能なんですけど。

 

 

アトピーでも普通に生活できます。
もちろん学校に行けますし、仕事も出来ます。

 

でもアトピーをより早く治したいのなら、安静にしているほうが治りやすいです。
家にいるのが苦痛でストレスがたまるのなら、話は別ですけどね。

 

 

モーニング娘。の亀井絵里さんもアトピーを治すために卒業みたいな感じだったらしいですけど。
モーニング娘。をやっていても、アトピーを治せることは可能だったと思います。

 

でも可能性的な話を言うと、やっぱりモーニング娘。をやるというのは負担になるわけで。
卒業したほうが、アトピーが良くなる可能性は高いはずです。

 

 

いや、ぶっちゃけアトピーというのは、理由の1つでしかなく。
卒業の理由は、いろいろ別のものがあったと思いますし。

 

アトピーって体を動かしたほうがよくなりやすいんですよね。
運動って健康にいいことなんで…。
まぁアトピー箇所がジュクジュクな状態だったりすると、運動による筋肉の伸び縮みでかさぶたが裂けてなかなかよくならないんですけどねぇ。

《目次》
【アトピーに有効だとされている乳酸菌一覧】
L-92乳酸菌
KW乳酸菌
LGG乳酸菌
乳酸菌シロタ株
LKM512乳酸菌
L-55乳酸菌