LGG乳酸菌とアトピー

LGG乳酸菌のアトピーへの効果は海外での研究結果である

LGG乳酸菌がアトピーにいいとされていますが、それは日本の企業が研究結果を発表したのではなく、海外の研究結果で発表されたものです。
そういう点では、世界的に発表されているアトピーへの効果だといえます。

 

 

LGG乳酸菌自体が、世界で使われている乳酸菌であり、日本ではタカナシ乳業が使っている乳酸菌というわけですからね。

 

 

海外でもLGG乳酸菌がアトピー対策として知名度が高いのかどうかはわかりませんが、海外での研究結果がでているというのは、信頼できるところがあるように感じます。

 

ただ、アトピーへの効果が、妊娠中の女性にLGG乳酸菌を摂取させることで、生まれてくる子のアトピーの確率が減ったというのは、スケールが大きすぎるように感じます。
生まれてきた子がアトピーになるのかどうかなんていうのは、わからないものだと思いますから。

 

偶然という可能性もありますよね。
LGG乳酸菌を食べていた妊婦さんの子供がアトピーを発症する可能性が低かったというのは、すごい研究結果の発表だと思いますが、日本の企業ではそんなスケールの大きな調査はできないでしょうね…。

 

LGG乳酸菌は海外で発見された乳酸菌だからこその、特徴があるものだと思いました。

 

 

発想がすごいと思います。

 

アトピーの人がLGG乳酸菌を摂取して、アトピーの経過をみるというのは基本だと思います。
それが普通ですよね。

 

乳酸菌がアトピーに効果があるのかどうか調べるのなら、アトピーの人を集めて、乳酸菌を摂取させて、アトピーがよくなるのかどうか経過をみるのが基本でしょう。
むしろ、それぐらいしか思いつかないです。

 

でも、妊婦にLGG乳酸菌を摂取させて、生まれてくる子供がアトピーかどうかを調査するというのは、普通に考えたら思いつかないというか、効果があると証明するのは難しい気がするんですよね。
海外だからこそ、発表できた研究結果だと思います。

 

でも、そういう研究結果があるのだから、LGG乳酸菌ってもっと注目を集めていい乳酸菌だと思いますよ。
生まれてくる子は健康であってほしいと思うのは、すべての人にとって共通しているでしょうから。

《目次》
【アトピーに有効だとされている乳酸菌一覧】
L-92乳酸菌
KW乳酸菌
LGG乳酸菌
乳酸菌シロタ株
LKM512乳酸菌
L-55乳酸菌

LGG乳酸菌のアトピーへの効果は海外で証明されている関連ページ

妊娠中の女性におすすめのLGG乳酸菌
LGG乳酸菌は妊娠中の女性が摂取したところ、生まれてくる子がアトピーになる可能性を低くするという研究発表がされています。
おなかへGG!ヨーグルトはセブンイレブンでよくみかける
LGG乳酸菌を配合しているおなかへGG!ヨーグルトはセブンイレブンで販売しているところがあります。
LGG乳酸菌を配合したヨーグルトは楽天市場で購入できる
LGG乳酸菌を配合したヨーグルトは楽天市場のほうで購入できます。
アトピーに有効な乳酸菌として有名だったLGG乳酸菌
LGG乳酸菌はアトピーに有効な乳酸菌の定番だったはずですが、最近はあまり注目を集めていないように感じます。