LKM512乳酸菌とアトピー

LKM512乳酸菌のアトピーへの効果を紹介します

LKM512乳酸菌のアトピーへの効果を紹介します。

 

 

LKM512乳酸菌を配合した製品を、スーパーではあまりみかけないからか、LKM512乳酸菌はあまり注目を集めていないように感じますね。

 

【LKM512乳酸菌のアトピーへの効果】
http://www.meitoonline.com/lp/atopi.html

 

 

症状が中程度の成人型アトピー性皮膚炎患者10名に、 1 日100 グラムのLKM512含有ヨーグルトおよびプラセボを4週間摂取してもらい、 摂取前と摂取後に糞便および血液を採取し分析しました。
その結果、LKM512含有ヨーグルトを食べることで、 自覚症状のアンケート結果では「かゆみ」が改善される傾向が認められました。
見た目が改善された被験者もあり、 4週間という短期間にもかかわらず予想以上の効果が得られました。

 

LKM512含有ヨーグルトを摂取したアトピー患者の腸内ポリアミン濃度を調べたところ、腸内菌叢が著しく変動し、ヨーグルト摂取期間中の腸内ポリアミン濃度が上昇しました。
ポリアミン濃度が上昇した結果、脆弱化していた成人型アトピー性皮膚炎患者の腸管バリア機能が回復し、アレルゲンの侵入機会を減少させることが可能になったと考えられます。

 

LKM512乳酸菌を4週間食べ続けただけで、効果がみられたということで、メイトーのほうも早い段階でLKM512乳酸菌がアトピーに効果がでたと考えています。
普通なら2,3ヶ月は断続して摂取して効果がみられるものですが、4週間といえば1ヶ月もかかっていないです。

 

でもアトピーというものは、乳酸菌を摂取しなくても、1日1日ごとに少しずつよくなっていくものですから、「4週間経過で少しでもアトピーがよくなるか?」と考えれば、よくなるのが普通のようにも感じますけどね。
4週間LKM512乳酸菌を断続して摂取することでかゆみが軽減されたとされています。

 

 

またLKM512乳酸菌を摂取した人は、腸内ポリアミン濃度が上昇したとのことです。
これによって腸管バリア機能が回復し、アレルゲンの侵入を防いだとのこと。

 

わかりやすく考えると、やはりアトピーになっている人は、腸が弱っているということなんでしょうね。
腸が弱っていると免疫力が低いといわれていますからね。

 

《目次》
【アトピーに有効だとされている乳酸菌一覧】
L-92乳酸菌
KW乳酸菌
LGG乳酸菌
乳酸菌シロタ株
LKM512乳酸菌
L-55乳酸菌

LKM512乳酸菌のアトピーへの効果!4週間LKM512乳酸菌摂取でアトピーのかゆみが軽減関連ページ

LKM512乳酸菌は生きて腸まで届く!
LKM512乳酸菌の特徴として生きて腸まで届きやすいという特徴があります。
LKM512乳酸菌は4割の人のアトピーのかゆみを軽減した
LKM512乳酸菌の研究結果に、LKM512乳酸菌を1ヶ月摂取を続けさせたところ、4割の人にアトピーのかゆみを軽減させたというものあります。