アトピーの原因は人それぞれ

アトピーについて知らない人が多すぎる!アトピーとは原因が不明

 

アトピーの原因はなにかわかりますか?

 

一般的には

  • 遺伝
  • Th1細胞とTh2細胞のバランスが崩れている
  • 環境が悪い
  • 腸の状態が悪い

こういったものが有名です。
他にもたくさんあり、アトピーの原因をあげているとキリがありません。

 

 

でも、こういったアトピーの原因をあげてみてもわかるとおり

 

すべての人が同じ原因でアトピーになっているわけではない

 

んです。

 

 

自分のアトピーの原因がなにかわかったとしても、そのアトピーの原因によって、アトピー対策も変わってくるわけです。
アトピーを治す方法は、自分がアトピーになった原因を改善することが、もっとも効果が高いです。

 

 

それゆえに、どうにもならないアトピーの原因も存在するんですよね。
いわゆる「遺伝」というもの。

 

アトピーはまだいいといったら怒られるかもしれませんけど。
ガンは遺伝の可能性が高い症状です。

 

親や身内にガンがいると、ガンになる可能性というのは高くなるんですよね。
でもやっぱりそういう遺伝的なものは、どうしようもなかったりします。

 

でもアトピーの原因はどちらかというと遺伝的なものよりも、私生活によるものが多いと思います。

 

 

生活環境が悪いからアトピーになった人が、いくら食生活を整えてもアトピーはよくならないです。
生活環境が悪いからアトピーになっている人が、すべきことというのは、掃除をこまめにしたり、寝具や石鹸類の見直しになると思います。

 

逆に腸の状態が悪い人が、いくら生活環境を見直してもアトピーがよくなる可能性は低いです。
腸の状態が悪いのなら、食生活を規則正しいものにしたり腸を健康にする乳酸菌の摂取などでアトピーが改善される可能性が高いです。

 

つまり

 

絶対アトピーがよくなる方法なんていうものは
アトピーの原因がいろいろある時点で、存在しない

 

わけです。

 

言い方を変えれば、その人にあったアトピー対策があるんです。
それを見つける(考える)ことが大事です。

 

だからアトピーと言うのは、自分が
「アトピーを治そう」
という気にならないと、なかなか治らない症状なんですよ。

 

 

 

 

 

乳酸菌がアトピーに良いとされている理由

乳酸菌がアトピーに良いとされています。
乳酸菌がアトピー対策に良いとされる理由としては

  • Th1細胞とTh2細胞のバランスを整える
  • 腸が健康になる
  • アトピーの人を対象に実験をしたら、乳酸菌摂取で効果がでた

こういったところです。

 

そう考えると乳酸菌摂取でアトピーが治らない可能性もあります。
いや、乳酸菌以外の方法でも、絶対にアトピーが治るなんて方法はありません。

 

 

アトピーを治したいのなら、アトピーを治す方法を探すのではなくて

 

なぜ自分はアトピーなのか?

 

そこを考えて、アトピーの原因を改善すべき対策をとるべきです。

 

人間だれしも聖人君子ではありません。
規則正しい生活を送っている人は少数だと思います。
なにかアトピーになってしまった原因として思いあたることがあると思います。

 

 

自分の体のことでも、なにがアトピーの原因かわからない人もいるかもしれません。
でも、自分の体のことを一番よくわかっているのは少なくとも自分でしょ?

 

自分自身がアトピーになった原因がわからないのに、他の人があなたがアトピーになった原因がわかるというのはまれでしょう。
つまり病院に行っても、アトピーが治らないことが多いのはしょうがないことなんです。

 

 

もちろん、あてずっぽうでいろいろとアトピーの原因をあげていけば、それがあなたのアトピーの原因だったということはありえると思います。
でも、それはいわゆる
「ジャンケンでグーを出していれば3分の1で勝てる」
と言っているようなものです。

 

なぜかアトピーを他人に治してもらおうとしている人がいます。
でもアトピーの原因はいろいろあり、自分の体にでている症状という時点で
アトピーを治す一番の対処法に気づくのは、自分自身です。

 

 

 

 

 

食生活の改善で腸を健康にすることでアトピーがよくなる

 

自分もアトピーでしたが、自分は食生活の改善で
ずいぶんアトピーがよくなりました。
つまり腸が弱っていたのだと思います。

 

 

確かなアトピーの原因がなんだったのかはわかりません。
でもその頃、自分は暴飲暴食や、自分の好きなものばかり食べたりスーパーの弁当や、菓子パンばかり食べていました。

 

 

普通に考えたら、そこでなぜアトピーになったのか大体わかるはずなんです。

 

アトピーという症状がどういう症状かわかっていない人には
アトピーの原因を考えること自体しない

 

ので、病院に行ったり、アトピー対策グッズを調べたりするばかりでなかなかアトピーがよくならなかったりします。

 

乳酸菌でアトピー状態をよくすることを考える以前にまず
「なぜ自分にアトピーという症状がでているのか?」
そこを考えてみると、アトピー完治への道が見えてくると思いますね。

 

 

アトピーに良いとされている対策を全部試してみてもいいと思います。

 

でもアトピーの原因がいろいろあることでわかると思いますけど
アトピー対策に正解や間違いなんてものはないので
アトピー対策は、無数にありますよ・・・。

 

 

アトピー対策を全部試すのは、とても大変というか、気が遠くなるような気がします。
でも、アトピー対策の中には

  • 健康にいいこと
  • 私生活の改善につながるもの

こういったものも多いです。

 

アトピー対策をすることで、健康への意識が高くなる人もいると思います。
そういう点で、アトピー対策を数をこなすというのも悪くないと思います。

 

 

できれば健康の点でもプラスになるアトピー対策を優先的にやるのをおすすめします。
そういうものは、あまり出費もかかりませんから。

 

 

 

 

 

大事なのは自分で考えること

アトピーで大事なことは、自分でアトピーについて考えることです。

 

自分もこれをしなかったからダメでした。
病院とか、薬とかに頼ってもダメなんですよ。

 

 

で、そういうの頼って結局アトピーが治らず
「無駄だったなー」
とか思っておしまいではだめなわけですね。

 

 

まぁある意味、そういうのでダメだったとわかれば。
自然と
「自分でどうにかしないとだめだな!」
ってことに気づくことになると思うので、まったくの無駄というわけではないのかもしれません。

 

 

でも、アトピーなんていう物は体の中の異常なので。
本人が、自分自身の体に気を使わないと無理に決まっているわけです。

 

 

子供は無理ですよ。
子供が自分の健康に気をつかうなんて無理な話なので。
子供がなかなかアトピーが治らないというのはしょうがないことだと思います。

 

子供は時間の経過とともにアトピーが良くなると思います。
少なくとも子供はアトピーがよくならなくても、成長すれば知識はつけますから。

 

ある程度大きくなれば、子供だった子も
「自分でアトピーをどうにかしないと!」
と思うぐらいに成長すれば、そこでアトピーが良くなると思います。

 

 

ただ大人になると逆に
「大人になったんだから、無理をしても大丈夫」
みたいな人がいるでしょ。

 

そういう人は救いようがない。
まぁ自分もそんな感じだったんですけど。

 

 

そういう人ほど
「あそこもダメ」
「これもダメ」
「全部ダメじゃん!」
ってなって
「アトピーと一生付き合っていく!」
なんてことを考えがちです。

 

 

自分でなにも努力をしないで、人や物に頼って
「全部ダメ」
な感じで、アトピーを治すことをあきらめるわけですね。

 

文字にすると
「そんなクソダサイ奴なんてアトピーで当然だ!」
って思う人が多いかもしれませんけど。

 

そういう人がとても多いんです。
自分もそうでしたから。

 

 

まぁだから、アトピーがなかなか治らないっていうのもしょうがないことだと思います。
人によっては、一生経過しても健康意識が低い人もいます。

 

大病になっても
「運が悪かった」
と思って、自分の私生活には何一つ非がなかったと思う人だっています。

 

 

アトピーというのは本人がどこまで意識を高めることができるかだと思います。
少なくともアトピーというのは、1日1日状態が変わっているので。

 

「昨日よりは調子がいい」
「昨日より調子が悪い」
ってところを考えて、そこから
「なにがよかったんだろう」
「なにが悪かったんだろう」
と思うぐらいはしないとダメでしょ。

 

「運がよかったから良くなった」
「運が悪かったから悪くなった」
とか思っているようでは、なかなかよくならないですよ。

《目次》
【アトピーに有効だとされている乳酸菌一覧】
L-92乳酸菌
KW乳酸菌
LGG乳酸菌
乳酸菌シロタ株
LKM512乳酸菌
L-55乳酸菌