アレルケアL-92乳酸菌の好転反応はあるかないか

アレルケアL-92乳酸菌の好転反応

カルピス社から販売されている乳酸菌サプリメントのアレルケア。
このアレルケアにはL-92乳酸菌が配合されています。

 

 

L-92乳酸菌はアレルギーに良い乳酸菌だとされています。
そしてアレルギーの1つにアトピーがあります。

 

おそらくL-92乳酸菌の摂取の目的がアトピーのための人は結構多いと思います。

 

 

アトピーっていろいろな対策がありますけど。
その1つにホメオパシーなんていうものもあるんですよね。

 

ホメオパシーと好転反応っていう言葉は似ているところがあるように感じます。
今回はそれについて考えてみようと思います。

 

 

 

 

悪化してよくなる?

ホメオパシーっていうのは、一時的に悪化して、悪いものを出してよくするって感じです。

 

たまにアトピー対策として
「かきむしったらよくなる!」
なんてことを言う人がいますけど。
それもかきむしって、悪いものを出せばよくなるってことだと思います。

 

自分はまったくおすすめしません。
アトピーってかきむしっていたら、どんなことをしても治りませんから!!

 

 

でもそういう考えの人って結構いるわけです。
なので、アトピー対策として、とあるクリームがあって
「これを塗ると、一時的にアトピーが悪化します。でもその後回復につながります」
なんてことを説明して、販売している商品もあったりします。

 

 

用はホメオパシーっていうのも、好転反応っていうのも。
一時的に悪化すること。

 

その悪化の後によくなる結果が待っているっていうことですね。

 

 

良い言葉でいえば
【体から毒素を出す】
ってことですね。

 

アレルケアのL-92乳酸菌にこういう要素があるのかどうかってことですね。

 

 

 

 

 

自分的にはない

で、アレルケアやL-92乳酸菌に好転反応があるのかどうかといえば。
自分はないと思っています。

 

 

その理由というか、アトピーの特徴なんですけど。

 

アトピーというのは、よくなればどんどん良くなっていきいます。
逆に悪化すれば、どんどん悪化していく可能性が高い症状だと思っています。

 

 

アトピーっていうのは、一度悪化してしまうと、結構どん底まで行かないとなかなか回復していかないです。
でも一度よくなっていけば、そこからどんどん良くなっていきます。
自分のアトピーは少なからずそうでした。

 

 

でも人間の肌もそんなものだと思うんです。
どうも顔がひりひりする箇所があってよく洗顔しても、次の日の朝にはでかいにきびができていたりします。

 

つまり一度違和感を感じたのなら、そこからどんなに手入れしても、にきびはできてしまうというかな。
でもニキビができた後は良くなっていくことしかないわけで…。

 

 

アトピーっていうのはそういうところがあると思います。
一度悪化すれば、とことん悪化。
一度よくなれば、そこからどんどん良くなっていく。

 

 

なのでアレルケアを飲んで
「アトピーの調子が悪い」
ってなったのなら、それは悪い傾向な気がします。

 

たしかにアトピーが悪化したのなら、あとはもう良くなるしかないわけですけど。
アレルケアやL-92乳酸菌でアトピーが悪化したのなら、それは悪い傾向な気がしますね。

 

 

もちろん答えなんてないですし。
自分の考えでしかないので。
自分が間違っている可能性もあります。

 

でもアレルケアを飲んで
「アトピーが悪化していっている気がする」
ってなったのなら、飲むのをやめたほうがいいと思います。

 

 

「もしかしたら好転反応で毒素がでていて悪化しているのかも」
と思っても、アトピーが悪化するっていうのはつらいでしょ。
かゆみも増しますから。

 

だから、アレルケアでアトピーが悪化しているように感じているのなら。
飲むのをやめたほうがいいと思います。

 

 

 

 

 

悪化したのなら後はよくなるだけ

好転反応とか、ホメオパシーっていうのは、都合のいいことだと思います。
だって人間どん底までいけば、あとは上がっていくしかないでしょ。

 

だから好転反応とか、ホメオパシーとか。
一時的に悪化したのなら、あとは良くなっていくしかないんですよ。

 

 

だから都合の良い言葉を並べて
「毒素を出しているんです」
とか言っていても、状態が悪くなれば人間の体には自然治癒力がありますから。
後は良くなっていくしかないです。

 

 

なので人間の体を一時的に悪化するっていうのは。
ないほうがいいことな気がします。

 

 

たしかに筋肉痛とかあって、筋肉痛がなくなったときには
「筋肉がついた気がする」
ってなりますけど。

 

別に筋肉痛のおかげで筋肉がついたわけではなく。
筋肉痛がでた負荷の関係で筋肉がついたのだと思います。

 

だから筋肉痛とかでないのなら、でないで筋肉がついたほうがいいですよね。

 

 

アトピーって自分でコントロールできない症状でもあるので。
いろいろな考えを持っている人がいます。

 

答えがないので、なにが正解なのかもわからないです。
アレルケアのL-92乳酸菌を接種したらアトピーがよくなったという研究結果が出ていますけど。

 

それもたまたまL-92乳酸菌を摂取しているときに、アトピーがよくなっただけかもしれません。
L-92乳酸菌を摂取しなくても、アトピーがよくなっていた可能性だってありますよね。

 

 

少なくともアトピーって、なにもしなくても体が正常なら。
悪化するよりも、良くなっていく可能性のほうが高いと思うんです。

 

アトピーが悪化していくのは、かきむしっていたり、体に負担がかかっているからかと思います。

 

 

なのでアトピーってよくホメオパシーとか、好転反応とか言われていますけど。
自分はそういうものはないと思っています。

 

 

まぁアトピーってなにがきっかけでよくなるのかわからないものですから。

 

アトピーが悪化して
「つらい!」
と思うことで、アトピーを治す意識が高まって、アトピーを治す近道になることもあると思うんです。

 

 

人間本気で
「これやばい!」
と思ったら、アトピーを治す気持ちは高まるでしょ。

 

でもそのために
「アトピーのつらさを体験するために、アトピーを悪化させよう!」
なんてことをするのは、なんかおかしくないか?

 

 

アトピー悪化が結果的にアトピーを治すことにつながることはあると思います。
自分もアトピーで病院に2つ行ってもよくならず。
どんどんアトピーが悪化してつらくてつらくて、こんな人生最悪だと思い
「アトピーを治すために人生をかけよう!」
なんて思ったことで、ずいぶんアトピーは良くなったと思います。

 

結局アトピーをよくするためには、本人のアトピーを良くしようという意識が大事なわけですね。
人生をアトピーを治すために使えば、アトピーって良くなるものだと思います。

 

 

少なからず人間生きていると
「これはアトピーに悪そうだなぁ」
ってことをしていたりするものです。

 

そういうものを排除して。
アトピーに良い生活をすれば、そりゃーアトピーって治っていくと思います。

《目次》
【アトピーに有効だとされている乳酸菌一覧】
L-92乳酸菌
KW乳酸菌
LGG乳酸菌
乳酸菌シロタ株
LKM512乳酸菌
L-55乳酸菌