LGG乳酸菌を自家製ヨーグルトで培養する

LGGのヨーグルトを自分で作る

LGG乳酸菌を配合した製品には、ヨーグルトがありますから。
それを種菌にして、ヨーグルトを作るというのは可能だと思います。

 

 

ただ自分でヨーグルトを作るとなると、ヨーグルトを開封した時点で雑菌も混ざると思うので。

 

【自家製ヨーグルトができても、LGG乳酸菌が増えたのかは謎】
と言ったところだと思います。

 

 

いや、言い方が悪いかな。
LGG乳酸菌も増えると思うんですが、一緒に雑菌も増えていると思います。

 

雑菌と聞くと聞こえが悪いですけど。
どういう菌なのかがわからないだけで、体に悪い菌だと言い切れるわけでもないです。

 

なので、そこまで危険があるわけではないですが。
やっぱりそれなりのリスクはあると思っています。

 

 

 

 

 

どの製品を選ぶか

まぁやっぱり種菌とするLGG乳酸菌を配合した製品。
それをどれを選択するのかが重要だと思います。

 

 

通販でいろいろとタカナシのLGG乳酸菌を配合した製品を買いましたけど。
無糖タイプのプレーンタイプが理想だと思います。

 

 

多くの人はおなかへGG!ヨーグルトが定番なので。
これを使いそうですが。

 

 

このタイプは加糖タイプなので、砂糖などいろいろ入っているので。
不純物が多いというかな。
そういうイメージがありますね。

 

 

自分はあまり詳しくないので、むしろ砂糖とか入っているほうが。
菌が元気でいられるところがあるのかもしれませんけど。
そこらへんはわからないです。

 

 

最近はタカナシのほうで、LGG乳酸菌を配合したサプリのようなものもあるらしいので。
それでもいいかもしれません。

 

 

パッケージに生菌タイプと書かれているので。
菌が生きているので、種菌とすることも可能だと思われます。

 

 

どの製品を種菌とするのか、そこらへんはセンスが問われそうです。
そしてどれを使っても、自分でヨーグルトを作るというのは結局は自己責任になります。

 

【製品一覧はこちら】
LGG

 

LGG乳酸菌をアトピー対策として、強く望んでいるのなら。
やっぱり自分でヨーグルトを作るよりも、タカナシの製品を買ってLGG乳酸菌を摂取したほうがいいかと思います。

 

 

まぁでもアトピーに大事なことって、腸を健康にすることなので。
LGG乳酸菌にこだわらずとも、ヨーグルトや乳酸菌を続けることが重要だと思うので。

 

自家製ヨーグルトであっても、腸内環境は整うと思うので。
やらないよりはやったほうがいいのかもしれません。

 

あ、ヨーグルトを食べないよりは、どんなヨーグルトでも食べたほうがいいってことですね。

 

 

 

 

 

LGGの培養は可能か?

さっきも書きましたけど。
LGGのヨーグルトを自分で作ることは可能だと思います。

 

 

自分もヨーグルトを作ったことがありますけど。
牛乳に種菌となるヨーグルトを入れて、一定時間あたためるだけです。

 

ヨーグルトを作る機械があるのなら、より簡単に作れると思います。

 

 

ただ、LGG菌の培養…いわゆる増やすとなると。
個人の施設や管理では限界があると思います。

 

LGG菌はじょじょに少なくなっていき、別の雑菌が増えていくかと思います。

 

 

カスピ海ヨーグルトは植え次が有名ですが。
やっぱりカスピ海ヨーグルトでも、なんども自家製ヨーグルトを作っていると、どんどん菌が弱くなっていき。
とろみが弱くなっていくイメージがあります。

 

やっぱり管理状態に限界があるのだと思います。

 

 

逆に考えると
「うちには、菌をしっかり管理する施設があるんだ」
というのなら、LGG乳酸菌の培養も可能かもしれません。

 

ヨーグルトを作ったのなら、そのヨーグルトをしっかり管理できる施設というかな。
そういうのがあるのなら、LGG乳酸菌の培養も可能かもしれませんね。

 

 

まぁそれができないから、メーカーって普通になりたっていると思いますし。
もし隣近所から
「うちが作ったヨーグルト食べる?」
と言われても、ちょっといやーな気にはなりますけど。

 

でもそんなことを言っていたら、地域のこじんまりした牧場とかで作ったヨーグルトや飲むヨーグルトだって。
ぶっちゃけ似たようなものな気がするので…。

 

たしかにそれらのものは、生乳(牛乳)が新鮮なだけで。
ぶっちゃけ、安全性っていう面では、結構危険なところもあるような気がします。

 

 

そこらへんはやっぱりイメージの差なのかもしれませんねぇ。
自分の腕に自信があるのなら大丈夫なのかもしれません。

 

ただ冷凍庫だって、ゆるーい製品とか入れると、冷蔵庫の温度があがるのか。
冷凍庫に入れた冷凍食品も、結構おかしくなっているときがありますからね。

 

冷凍うどんとか、賞味期限内なのに。
解凍しても麺が硬くなっていて触感がおかしくなってしまっているものとかありますし。

 

そういう保存とかの施設も、個人では限界があるように感じます。
それでなくても、個人の冷蔵庫とか、よくパカパカ開けると思いますし。
家族がいるのなら、自分だけではなくほかの人も開けるでしょうし。
いろいろな食べ物が入っていると思いますからねぇ。

 

そう考えても、やっぱりLGG乳酸菌を培養させるっていうのは。
個人では難しいように感じます。
そしてLGG乳酸菌が増えているのか、その確認のしようもないと思いますし。

 

 

ヨーグルトって作るのは簡単というか。
ぶっちゃけ生きた乳酸菌を準備しなくても、雑菌が混ざればできますからね。

 

たまに死菌の乳酸菌を使っているのに
「ヨーグルトができました」
なんて言っている人を見かけますけど。

 

それは普通に雑菌が入って、それによってヨーグルトが完成したってことになるかと…。

 

 

生きたLGG乳酸菌を手に入れることは可能なので。
ヨーグルトを作ることも、培養することも可能だとは思いますけど。

 

LGG乳酸菌が増えているのかどうかは知る方法はありませんし。
簡単に乳酸菌を増やせるのなら、メーカーの施設とか必要がないというか。
そこまで楽に再現できることではないように感じます。

 

 

パンにカビを生やすことは可能でも。
そのカビの菌まで選ぶことは難しいっていうかな。

 

ヨーグルトを作ることは可能でも。
その乳酸菌がなにが増えているのか選ぶことは個人では難しいってことですね。

《目次》
【アトピーに有効だとされている乳酸菌一覧】
L-92乳酸菌
KW乳酸菌
LGG乳酸菌
乳酸菌シロタ株
LKM512乳酸菌
L-55乳酸菌