K-2乳酸菌がアトピーに効果がある

亀田製菓のK-2乳酸菌がアトピーに効果

酒粕から分離された植物性乳酸菌の

 

K-2乳酸菌

 

がアトピーに効果があるとされています。

 

 

K-2乳酸菌は亀田製菓が選び抜いた乳酸菌です。
亀田製菓ときくと、乳酸菌というイメージよりお菓子のイメージが強いので、驚く人もいるのではないでしょうか。

 

ただ米からも乳酸菌がとれるとか?
植物性乳酸菌なので、むしろ米から取れる乳酸菌が強いとか言われている時代です。
米菓子をいろいろ販売している亀田製菓が乳酸菌を出していてもおかしくないんです。

 

実際K-2乳酸菌を配合している製品もハイハインという子供向けのお菓子に配合されています。

 

 

 

 

K-2乳酸菌のアトピー効果

K-2乳酸菌のアトピー効果の発表を紹介します。

 

【K-2乳酸菌のアトピーの効果紹介ページはこちら】
植物性乳酸菌辞典【酒粕由来の乳酸菌】 | 亀田製菓株式会社

 

K-2乳酸菌を摂取させたモデルマウスではIgE抗体を抑制できます。
IgE抗体が少なくなったマウスは、かゆみが抑えられたとのこと。

 

K-2乳酸菌を摂取しなかったアトピーマウスはかゆみがあって、耳がボロボロになっています。
一方のK-2乳酸菌を摂取してマウスは、かゆみを抑えられたらしく、耳が整っています。
そう考えても、K-2乳酸菌にはかゆみ抑制効果が期待できますね。

 

 

まぁアトピーは腸内環境が悪いのが原因とも言われています。
乳酸菌は善玉菌を増やし、腸内環境を整える効果があります。
なので、K-2乳酸菌に限らず乳酸菌はアトピーに良いとされていますからね。

 

K-2乳酸菌がアトピーに効果があるのか、ないのかといえば。
効果がある可能性はあるかと。

 

 

またK-2乳酸菌は花粉症対策としても効果があるという結果がでています。
アレルギー全般にいい乳酸菌といえるでしょう。

 

 

 

 

 

K-2乳酸菌は植物性乳酸菌

K-2乳酸菌は酒粕からできた植物性乳酸菌です。
一般的には

 

動物性乳酸菌より植物性乳酸菌のほうが強い

 

とされています。

 

植物性乳酸菌のほうが、胃酸で死菌にならず
生きたまま腸まで届き、善玉菌を増やしやすい
ということですね。

 

まぁただハイハインってお菓子に配合されているK-2乳酸菌は死菌では?
だから、生きて腸まで届くとか関係ない気がします。

 

あのハイハインというお菓子に生きた乳酸菌が配合されているとは思えないんですけど。

 

 

なのでハイハインに関しては植物性乳酸菌の、胃酸に強いメリットとかはあまり考えなくていいと思います。
でもK-2乳酸菌ってハイハイン以外で使っているのだろうか?

 

 

亀田製菓はせんべいなどのお菓子を販売しているメーカーとして有名です。
その原料になるお米からK-2乳酸菌を見つけたということでそういう点では、信頼はできると思います。

 

今後は、ヨーグルトや乳酸菌飲料と関連の深いメーカーだけではなく。
他の乳酸菌がとれるものの販売を得意としているメーカーからの乳酸菌が注目を集めるかもしれませんね。

 

 

乳酸菌はヨーグルトや乳酸菌飲料のほかにも、漬け物や、醤油や味噌といったものにも配合されています。
それらの植物性乳酸菌に注目しているメーカーも多いです。

 

ラブレ菌はすぐき漬けから取れる植物性乳酸菌ですし。
プロテクト乳酸菌はしば漬けから取れる植物性乳酸菌ですね。
漬け物の乳酸菌に注目するメーカーが多いイメージがあるかな。

 

 

アトピーは子供にでやすい症状で。
ハイハインは子供向けなお菓子です。

 

 

なのでちょうどいい気がします。
ぶっちゃけ大人もハイハインで満足できればいいんですけどね。

 

大人になると、味の濃いものを好むようになるからいけません。
自分がハイハインを食べたところ、結構おいしかったですけど。
世の中おいしいお菓子はいっぱいあるからなぁ。

 

 

でも今って健康ブームになっているので。
もっとハイハインって注目されてもいいお菓子だと思いますけどねぇ。

 

まぁお菓子を食べる時点で健康があーだこーだではないか…。
健康を意識している人は、食事でおなかをいっぱいにしてお菓子なんて食べませんよね。
お菓子を食べる人は、味目的だろうからなぁ。

《目次》
【アトピーに有効だとされている乳酸菌一覧】
L-92乳酸菌
KW乳酸菌
LGG乳酸菌
乳酸菌シロタ株
LKM512乳酸菌
L-55乳酸菌