乳酸菌でのアトピー対策のメリット 安全性が高い効果

乳酸菌でアトピーが治るのかどうかは摂取しないとわからない

前の記事では、アトピーとはどういう症状なのかについて書きました。

 

それを理解しておかないと、どうしてもずれが生じてしまいます。
まだ見ていない人は見てもらえると助かります。

 

 

よく「乳酸菌摂取でアトピーが治ることなんてない」という人もいます。
じゃあ、逆に「絶対にアトピーが治る方法があるのか?」といえばそんな方法はないと思います。

 

 

「ステロイドでアトピーが治った」
という人もいます。

 

「ステロイドではアトピーは治らない」
という人もいます。

 

自分はステロイドを使いましたが、アトピーは治りませんでした。
かゆみどめ効果はありましたけどね。

 

 

乳酸菌も、乳酸菌摂取でアトピーがよくなる人もいれば、よくならない人もいます。
ステロイドや乳酸菌に限らず、そんなものだと思います。

 

 

つまり、乳酸菌でアトピーが治るのか治らないのか説明しても答えはないというか・・・。
乳酸菌摂取でアトピーが治る人もいれば、治らない人もいるということです。

 

乳酸菌を摂取してみないことにはわからないわけです。

 

 

 

 

 

乳酸菌でアトピー対策をするメリットとは?

じゃあ、乳酸菌でアトピー対策をするメリットとはどこにあるのか?

 

そもそも乳酸菌というものは、アトピーのために存在しているわけではないです。

 

乳酸菌は健康にいいもの

 

なんです。

 

つまり、アトピーどうのこうの以前に、健康にいいものなわけで、アトピーではない人も健康のために乳酸菌を摂取している人は多いです。
根本的に「乳酸菌は健康にいい」というメリットがあります。

 

アトピーにこだわりすぎている人は、ここが見えていないです。
アトピーになっても、別の病気になったらどうにもなりません。

 

大事なことはアトピーを含めて、健康状態を向上させることなんですよ。

 

 

 

他に乳酸菌のメリットをあげると、乳酸菌には副作用がない点があげられます。
「乳酸菌は安全性が高い」わけです。

 

これがアトピー薬のステロイドなんかになると副作用の話がでてきます。
ステロイドはあくまでもアトピーのかゆみどめのために塗るものであって、アトピーではない人は基本ステロイドは塗らないです。

 

なぜなら、効果が強いので、副作用の危険があるからです。

 

 

でも、乳酸菌は基本健康にいいものなのでアトピーが治ったあとも、むしろ乳酸菌摂取は続けるべきなんです。
そうすることで、アトピーがどうのこうの以前に健康にいいことを心がけているということになります。

 

乳酸菌でアトピーを治すメリットというのは

  • 安全性が高い
  • アトピー以外にもいい効果が期待できる

という点があります。

 

 

そもそも乳酸菌はアトピーのために存在しているわけではないです。
実際乳酸菌がアトピーをよくするのではなく
【乳酸菌で健康になった腸がアトピーをよくする】
わけです。

 

腸が健康になれば、いろいろと良い効果があります。
簡単にいえば、自然治癒力も高まるので、アトピーが治るスピードが早まるはずです。

 

 

 

 

 

乳酸菌摂取は無駄にならない

「乳酸菌を摂取したけど、アトピーは治りませんでした。無駄でした」
ということを言う人もいます。
でも、それはずれていると思います。

 

 

アトピーを治すために乳酸菌を摂取したのはわかります。
だから自分の狙った効果は乳酸菌摂取ではでなかったわけでがっかりしたのもわかります。

 

でも、乳酸菌摂取で健康にいいことをしたわけです。
人間、悪い症状はアトピー以外にもいろいろあるはずです。

 

実際乳酸菌は

  • 便秘対策
  • 美肌対策
  • 花粉症対策
  • 免疫力強化
  • インフルエンザ対策

こういった効果も期待できるといわれています。

 

乳酸菌でアトピーに効果が見られなかったとしてもアトピー以外の点で、なにか良い効果が出ていたかもしれません。
そういう点で、乳酸菌摂取が無駄になることは、ほとんどないはずです。

 

 

乳酸菌は健康にいいものとして存在しているから、スーパーにいけばヨーグルト売り場は広いです。
需要があるんですよ。
いろいろなメーカーがヨーグルトを出していたりするわけです。

 

 

乳酸菌を配合しているヨーグルトには需要がありメーカー側も乳酸菌の可能性を感じているわけですね。

 

 

乳酸菌を軽視している人によくみられるのは
アトピーという症状に固執している
というところを感じます。

 

健康に良い悪い関係なく、アトピーが少しでも良くなればOKで
どんなに健康に良い対策でも、アトピーがよくならないのならNGと言った感じです。
アトピーに効果があるのかどうかの、1点だけでしか見ていない気がします。

 

 

絶対にアトピーを治せる方法なんて、原因がさまざまな点でそんなものはありえないんです。

 

 

それなら、健康にいい対策でアトピー対策をしたほうが良いと考える人もいるでしょう。
そこが乳酸菌でアトピー対策をするメリットだと言えます。

 

 

「確実にアトピーを治せる方法なんてないのに、乳酸菌に確実な効果を求めるのは酷」
です。

 

でも乳酸菌は少なくとも「健康にいいもの」には変わりありません。
腸内環境を整えることをして「失敗した」と思う人もいないと思います。

 

 

人間なにもしないよりも、少しでもしたほうがマシです。
まぁジョギングでもまったくしないよりも、5分でもしたほうが健康的ですからね。

 

「たった5分かよ」
という人もいるかもしれませんけど。
まったく違ってきますよ。

 

0と1の差って大きいですからね。

《目次》
【アトピーに有効だとされている乳酸菌一覧】
L-92乳酸菌
KW乳酸菌
LGG乳酸菌
乳酸菌シロタ株
LKM512乳酸菌
L-55乳酸菌